「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

壱岐サイクルフェスティバルロードレース その3

「スタート30秒前、、、、10、9、8,7,、、、、パーン」ピストルの音でスタートです、ヘタレももうここまで来たら力一杯です、ものすごい渋滞のまま隊列が加速してゆきます、中央線から反対車線に膨らみ先頭集団を形成しつつあるコロニーに追従!(完全に交通規制されてますから道路貸し切り状態です)このスタート直後の団子状の時には接触事故が起きやすくシビアなマシンコントロールが要求されます、予想通にかなりのスピードです、みんな当たり前みたいに前を見据えて無言でダッシュしています、なにやらレースプランがあるのかも知れませんがこっちには作戦も何もありません、パワーをためておいてどこでどうとかそういう余裕は一切ありません、初めっからずーっと終わりまで全開フルパワーでばいーんと行くしかありません、途中で燃え尽きるかもしれないけど、、、。
 僕のチャリにはメーターが付いていないんで後で聞いた話ですがこのときの速度は時速40キロを軽く超えていたそうです。自転車レースでは集団の中や他の人の後を走ることにより風の抵抗を無くして楽に走れという鉄則があります、だからどうにか集団、もしくはどなたかにくっついて走りたいのですがスタート10分もするとさすがにヘタレの本領発揮です、じりじりと集団からずり落ちて行きます、それでもどうにか頑張ってついて行かねば!そうです昨夜の作戦会議でも出ていた自己のモチベーションを上げるための究極の手段!お姉さんの後を走る作戦に出てみました、しかしながらいかんせんみんな同じ事を考えているのかそのポジションは大変競争率が高くなかなか譲ってはもらえません、しかし本来の目的である誰かの後をついて行くという御利益は少しうしろでも達成できますので精一杯頑張ってついて行くべく努力をしますが、、、、このお姉さん方が結構速いんです、ここは贅沢は言っていられませんどうにか集団から離れないように、もしくは誰かの後についていくんだー、、、。
 とまあ頑張っていたわけではありますが10キロも過ぎた頃には集団はばらけ、かくいう私も独走状態になりました、みんな誰しも同じ事を考えているんでしょうが各人極限状態でのペースはバラバラですしもうこのあたりになるとそうそう無理も利きません、時々追い越されたり追い越したり、追い越されるときには一応しばらくは追従してみますがなかなかずっとというわけには行きません。しかも襲い来る急坂に翻弄されます、沿道で応援して下さる皆様にお答えするにももう声が出せません、頭を上下に振るのが精一杯です、苦しさに耐えかねてギヤを一段ずつ落として行きますがほどないうちにリアスプロケットは一番大きなギアに、後の頼みは前のギアをいつインナーに切り替えるかです、でもそれから上はもうありませんからともかく必死でこぎ続けます、登坂では着座したままで漕いでいるときと立ち漕ぎのときとでは使う筋肉が違うらしく座っていて苦しくなったら立って漕ぐのも良いと本に書かれていたのを読んだことがありますのでそれも織り交ぜパワー全開です!(といってもあまり早くはないのですが)
d0135445_23525923.jpg

     湯ノ本付近、中間地点あたりを疾走するわたくし
     既に集団からずりこけて独走状態です

 昇りは昇りでとんでもなく大変なのですが、その後に来る下り、これも半端じゃありません、強烈な下り坂、しかも狭い、舗装が凸凹、道の真ん中を排水溝が横断(金属の蓋)、開いたままの大きな側溝、ブラインドコーナー!それはなかなかの恐怖であります、下りでは精神を統一し、まるでスキーの大回転のように鮮やかかつ無駄のない、極力ブレーキングをしない、そして安全な、、、。という事を目指して走ります、いくら貸し切りの道路でブラインドコーナーから対向車は来ないとはいうもののカーブを曲がったところに自転車が転んでいないという保証はどこにもありませんので細心の注意を払っての走行です。後半に入り下り坂の終わりがけには故障車や故障者、何らかのアクシデントにより途中棄権した選手もちらほら見かけます、上位入賞を狙う選手達はこの過酷なコースで極限に挑んだのでしょうか、怪我がなければいいのですが。ついに遭遇しました、一人の選手が自転車ごと道路左側の大きな側溝に落ちています、周囲には同じジャージーの選手達、伴走車の白バイも止まっています、走行状態と同じ姿勢で自転車には跨った状態ですしなにやら周囲の人と話しています、どうやら怪我はなさそうに見えますが、思わず「大丈夫ですか?」と声をかけブレーキをかけようとした瞬間に左後ろから悲鳴が聞こえました、なんと僕は気づいていなかったんですが女性の選手が僕の後ろを追走していたようです、咄嗟にブレーキを放しました、彼女は上手いこと左側を追い越してゆきましたが危うく事故を誘発するところでした、初めてレースに出るにあたって自転車屋さんから「集団の中では絶対にブレーキをかけてはいけません、後続車が追突して事故を起こしますから」と教えられていたのを思い出しました、集団の中でなくてももともと走行音がしない自転車は何時でも後続車があるものと思っておかねばならないようです、反省であります。この事故現場に於いて僕が特に協力出来ることは無いと判断してレースに戻ります、またもや急激な昇り坂にさしかかりました、しかも長―い坂、だんだんギアを落としながら登ります、ともかくキツい、限界です、ここで立ちこぎに切り替えて更に勢いを付けて登ります、かなり登りましたがこれも限界、再度座ってこぎます、もうしばらくで上り詰めるかなというところで右側からゆっくりと年長者の方が追い越して来ました、見ると僕と同じメーカーのチャリです、「珍し自転車ですね」という話からどこから来たのみたいな話まで、息も絶え絶えですがどうにか喋ることが出来ました、大分の竹田からおみえになったそうですが、この方、僕と会話を交わした後さくっと立ちこぎに切り替えてすごい勢いで坂を上って行ってしまいました、各人得手不得手、ペースというものが有るんですね、唖然としました、後で調べたらヒルクライム向きの超軽量モデルでしたが、それにしてもねー。
 暫く走ると長い平坦な道に出ました、ここは覚えがあります、昨日下見で走ったゴールの坂の手前にある見通しの良い道です、ここ迄来るともう少しです、ペダルを回す足に自然と力が入ります、自分でもここは結構な速度で走れたと思います(昨日はここでまるで停まっているかのように追い越されましたが)、後でH田氏が「低く空を飛んでる感じ」と言っていましたがまさにその感覚です。暫くその感じを楽しんだ所で遂に最後の上り坂に来ました、さー登るぞー!と力みかけたところで右後ろから年長者の女性が追い越して行きました、しかも振り向きざまに笑顔を振りまいてくれました、今回のレースで選手から笑顔を貰ったのは初めてです、さあこうしてはいられませんここは力の限りダッシュです、即座に立ち漕ぎに切り替えて上り坂を加速します、全開です!もちろん先程の女性は程なく追い越してぐいぐい登ります、2段坂の前半急坂はなとか速度を落とさず登れました、さらに少しの平坦を挟んで再度上り坂、ここの上はゴールです、もちろんパワー全開です、でも、もうさすがにへろへろです、フロントギアをインナーに落とし万全の構えで登りますが加速はできません、沿道には既にゴールした選手がちらほら応援してくれます、止まらないように必死で何とかゴールです、ゼッケンに付けたICタグに機械が反応して電子音が鳴りました、終わりです、遂に完走できました。
さてH田氏はどこでしょう?スタートの団子で見失ったままで、僕より前にいるものとばかり思っていた氏は、僕のゴール後暫くして到着しました、どうやら今回の本番は不調だったようです、僕にもましてへろへろです、でも落ち着いてから試しに僕のチャリに乗せてみるとこの結果に彼も納得したようです、実は重さがだいぶ違うんです、それが一因だったんでしょうね。
 ともあれ今回のリザルトは予想タイムより遙かに早かったんですがそれでも50歳台完走78名中63位という余裕のない順位でした、1時間4分台、平均時速30キロ弱です、まあ今回は完走が目標で、しかもロードレーサーに乗り始めて未だ2ヶ月ほどしか経っていませんのでこれでも満足すべきかも知れませんね。大会終了から時間が経つにつれ充実感が膨らんで来ました、苦しかったことが薄れて楽しかったことだけがだんだんと浮き彫りになってきます。今回は晴天に恵まれ、風もなく、特に酷暑でもなく最高のコンディションでしたので特に幸運でした。お世話になったH田氏と「また来年一緒に走ろうね、今度はもっと多く仲間を連れて」と子供のような約束をして芦辺港発の高速船に乗ったのでありました。

d0135445_23531122.jpg

     ゴール前の急坂を駆け上るH田氏
     こーんな坂がいくつもありました
[PR]

by watdent | 2012-06-21 00:02 | ちゃり  

壱岐サイクルフェスティバルロードレース その2

さーてレース当日です、8時から出走申告の受け付け開始ですが、6時過ぎに目が覚めてしまいました、昨夜はH田先生ご夫妻に歓待を受け良い気分で早めに寝付いたと思ったらあっという間に朝が来ました、どうやら熟睡できたようです、絶好調であります。朝食をごちそうになりゆっくりとお茶をいただいてから8時からの出走登録をするべくスタート地点の芦辺港に行ってその後9時15のライダーズミーティングまでゆっくりしようということになりました。
 そうです、H田先生のクリニックはまさに芦辺港、スタート地点から5分ほどの所にあるんです、絶好のポジションです。8時の出走申告に行くため最終の車体チェックです、ところがなんとそこで大問題発生!昨日から漏れぎみだったH田氏自転車の後輪タイヤが昨日よりあきらかに柔らかくなっています、昨日午後の試走後、確かに1200psiまで充填していたはずですがちょっと抜けるのが早すぎます、しかもバルブキャップがありません「どっかで落としてきたんだろう」と彼の弁。なんだかバルブヘッドの金具も一部無いように見えますがとりあえずポンプを接続して再度1200psiまで加圧しました。「よし、これでOKだ」とポンプを外したとたん「バシュ〜〜!」と大きな音と共にタイヤ内のエアーが一気に全部出てしまいました。やっぱりバルブが壊れていたんです、さー大変!ここ壱岐にはこんな朝早くからチューブ、しかも700c用のチューブを売っている所なんて開いていません、でも今日はロードレースです、もしかするとスタート地点の会場にはメカニックが待機しているかもしてません。
 藁おも掴む思いですが急がねば、1時間しかない!早速ワゴンにタイヤがぺちゃんこになったGiant号を載せてスタート地点に向かいます、港前の広場には多数の自転車、多数の選手がウォーミングアップをしているのを横目に僕はオフィシャルのテントに駆け寄り「メカニックサービスはどちらですか?」と聞くと「あっちのテントです」とのこと、示す指の先を見るとなるほど会場中央に設けられたテントの下に軽トラが停まっています、当日受付の検車もしているようです(その1の写真左側後方)。急ぎメカニックサービスに行き、「チューブはありますか?」の問いに「23cなら2つ有るよ」との返事、H田氏のGiant号のタイヤはちょっと太めの25cですが、どうにかいけるでしょう、早速交換です!手際よくクイックレリーズを外しチューブを交換、1200psiまでポンピング(これが結構大変)、よーしこれでなんとか無事再生!間に合いました。
 出走申告などを済ませ記念写真を撮ったりしてると何だかわくわくしてきます、街では到底着れない派手なジャージーもここでは映えます(と思いたい)、そうこうするうちにライダーズミーティングの時間です「安全運転で行きましょう、ボランティアの皆さんに感謝して走りましょう」等々のお話しがありました、実は数年前に死亡事故や半身不随事故などが発生しているようです、気を引き締めて走らねばなりません、まあもとより僕らは優勝を目指すわけではなくあくまでゴールにたどり着くことを主眼にしていますのでそんな無理はしないとは思いますが無理しないから絶対安全というわけでもありません、精一杯の安全マージンを取って走りましょう。そろそろスタートの時間が迫ってきました、無性にのどが渇きます、フレームに取り付けた水筒には500ccの清水が入れてありますが、これはレース中にとっておいて自販機に、あららもう既にスポーツ飲料は売り切れです、同じ様な輩が結構いるんですね、冷たいお茶をちょっと詰め込みぎみに補給しました。
 「スタート10分前 選手はスターティンググリッドに並んで下さい」との案内がありました、僕の指定されたスターティンググリッド「9−1」に並びます、両側で2車線の右車線に前から9番目で横に6〜7人のうち最もセンターライン寄りのポジションです、見わたす周りはおっさんだらけ(僕も含めて)息が詰まりそうです、きっとみんな互いにそう思ってるんでしょうね。
 「スタート3分前」のコールです、なんだかわけもなく緊張してきました、この組は本日最後のスタートで、50歳以上とレディースとジュニアの同時スタートです、そういえばウォーミングアップでも女性選手の姿をちらほら目にしましたね。いよいよスタートの時間が迫ってきました。
d0135445_21333580.jpg
d0135445_21334681.jpg

[PR]

by watdent | 2012-06-17 21:34 | ちゃり  

壱岐サイクルフェスティバル ロードレースその1

さてさて遂に来ました「壱岐サイクルフェスティバル」であります!
思い返せば今年3月、大名の居酒屋で「チャリも良いよね」という同級生との何気ない会話から端を発し、何も知らぬままに、自転車さえ持っていないにもかかわらずロードレースにエントリーしてしまうという暴挙に出たのでありました。
 その後、なんとか首尾良く自転車を手にして、さらにその道の皆さんにももまれて(一度だけですが)その世界のとんでもなさに気づかされるに至ったのでありましたが、実はそれからここんとこ約3週間、ほぼ毎朝10キロのトレーニングを積み、最下位でも良いからどうにか30キロを走りとうす準備を進めていたのでありました。(レースが終わって知りましたが本気の方々は毎朝40〜50キロ走ってるんですって、ぴよよ〜ん)
 6月9日土曜午後、分解した自転車を担いで新幹線にて博多へ、さらに高速艇で壱岐へとたどり着きました。現地でお世話になるH田先生夫妻が既に港に迎えに来てくれています。「土曜のうちにコースを下見しといた方が良いよ」と言われましたが、「土曜に走ったらくたびれて明日走れなくなるんじゃないの〜?」というヘタレな僕の意見を加味してくれ、コース中の4つの大きな坂のうち後半2つの坂のある終わり10キロだけをチャリで、あとは車で下見をすることになりました。
 H田君の車中での説明の通り初めはわりとフラットな路面でしたが、最初の坂は長ーい結構急な坂でした、曲がっても曲がっても続く、車の中で思わず息をのんでおりました。この道をチャリで下見する数台の自転車(TREK)が元気に登って行きます、「あん人たちゃー元気のよかねー、明日も走るとにー」と思わず口に出ます。さて後半1/3につきました、ここからゴールまではチャリで下見です、これまた長―い坂の中腹でビンディングシューズに履き替えワゴン車からチャリを降ろしていると先ほど車で追い抜いた下見のチャリが追い抜いていきます、急な昇り坂なのに結構なスピードです。
 さて、スタイル完了、H田君に追従して試走開始です、でもいきなりの昇り坂、よろつきますがなんとか体勢を立て直して登ります、ここ数週の朝トレの成果があるでしょうか?でも朝トレに上り坂は殆どありません、既に僅かずつですがH田君が小さくなり始めます、こんなはずじゃあないんだけど、、、。
 どうにか下りで追いつき平坦な道を爆走します(自分では爆走)結構長い距離、小さな上り下りをなんとかへろへろに成りながらついて行きます、どうにかついて行ってなんとかゴールしないことにはこの試走は終わらないという強迫観念に後押しされて(ここんとこ暫くはチャリに乗っていないというH田君にさえついて行けないなんて)。
 ゴール前の急坂が見えてきました、先を走る自転車が縦に並んで見えるほどの急坂です、「これが最後の難関かー」と見上げながら走っていると随分前に車で追い越したTREK軍団がすごいスピードで追い越して行きます、最後の坂、キツいです、必死で漕ぎます、漕ぐのをやめるとチャリは止まり、瞬時にビンディングでつながった足を付くことは不可能、つまり足を止めると転びます、ともかく必死、完全に息は上がっていますが、そういうわけで止まるわけにはいきません、なんとか激坂をやり過ごしてもまだ昇りが続くというきつーいゴール前です、下りでゴールだと危険を伴うからかもしれませんがもう止まっちゃいそうです、きつい~!
 どうにかゴールしました、もーへろへろです、オフィシャルサポーターのコカコーラの方からスポーツ飲料をもらってどうにか一息つきました。このゴール地点は明日の出走登録と検車場になっています、たくさんの速そうな自転車が並んでいます、明日はこのチャリ達が相手です、止まると急に元気、強気になりますがいったい何なんでしょうね。
 我々2人、無事検車を終えてタイヤ空気圧の確認と調整です、ロードバイクはかなりの高気圧充填ですので頻繁なチェックが必要です。そこで僕の左耳が「これ、空気が入りませんよいくら押しても」「あ~このフレンチバルブはね~、、、、」という選手とオフィシャルの会話をキャッチしました。そうです、どうやらこの出場者はフレンチバルブの空気の入れ方を未だ知らないらしいんです、思わず「ん?そう、このフレンチバルブってヤツはね~」と語りそうになりました。そうです、私は既に知っているんです、二週間前大騒ぎして自転車屋さんに駆け込んで教えて貰ったんですねー。このたくさんのチャリダー達の中には僕と余りかわらない初心者も少しは混じって居るらしです、ちょっとだけ安心しました。(写真 右の青いのが私、そしてH田先生)
d0135445_1745581.jpg

[PR]

by watdent | 2012-06-15 17:07 | ちゃり  

2012歯の祭典

6月3日毎年恒例の「歯の祭典」ウェルパルでのイベントです。
今年は会場がちゃんと取れていなかったようで部屋の中が少し狭くなりましたが、その代わり外のテラス部分が使えます、ラッキーにもお天気に恵まれましたのでかえってご機嫌な一日でした。
午前中は会場内の流れの調整やトラブル対応、行政の皆さんとの運営確認、「歯の何でも相談コーナー」での対応などをしておりました。
 今回のパンフレットには「くまモン」の写真が掲載されています、実はこれを印刷に回したときには確定していなかったんですが、本日は午後2時から「くまモン」がやってくることになっています、我々スタッフも楽しみにしています。
 さてここで考えさせられる相談者がやってきました、毎年なんだかつかみどころのない質問は多々ありますが、どこに持って行きようもない歯や歯医者、歯科医学についての生の叫びを真摯に拝聴させて貰っています。今回のお話は70歳ぐらいの男性からのものでした「先日歯の詰め物が外れて、何時ものかかりつけの歯医者さんじゃあない所の歯医者に行ったところ、その歯医者さんでは順番が来ると呼び出すのではなく待合室に女性スタッフがお迎えに来てくれる、そして治療が終わるとまた手を引いて待合室まで連れて行ってくれる(充分に一人で歩ける方なのですが)、本当に至れり尽くせりで満足だった、それに引き替えかかりつけの歯医者は充分な対応ができていない、もう元の歯医者には行く気がしない、歯科医師会として何故こういう事を指導しないのか?」とのお話しでした。それに対しては「歯科医師会では会員や各院のスタッフ向けに「接遇セミナー」などを毎年開催して診療環境の向上に努めるべく努力はしておりますが、参加は任意ですので何とも、、、、」という歯切れの良くないものになってしまいましたが、問題は歯医者さんを選ぶ基準がどこにあるかということです、まあたしかにどれだけ最新のエビデンスを勉強し、それに基づいた治療をしようと、どれだけ丁寧な治療しようと、残念ながら患者さんに解るのは「痛かった」とか「随分回数がかかった」とかそういうことだけ、例えるなら味のしないレストランのようなものなのかも知れません。そうなるとこの患者さんのような判断基準で歯医者さんは選ばれるんでしょうね,言い換えれば歯科医療の勉強をするよりも客商売の勉強をする方が選ばれる歯科医になれるということでしょうか(もちろん接遇も技術も立派な医院もたくさんありますよ)。かくしてここにも毎日のように「年商9億円のクリニックの仕組みを公開!」なんていう有料講演会の案内が届きます、まさに医療崩壊そのもの丸出しです。
 でもね、僕の周りの先生方は幸運にも真面目に歯科医療に取り組むすばらしい先生ばかりです、多くの歯医者さんはみんなかわいそうなぐらいに真面目なんですよ本当は、、、、。
 それともう一つの悲しみ、ここにある写真は楽しそうに撮られた「くまモン」と歯科医師会スタッフの写真。でもここに僕は写っていません、そうなんですこの日「くまモン」登場の2時から4時まで僕は熊本矯正歯科研究会のブースで矯正歯科相談の係を真面目にしていたのでありました、ざんねーん。
d0135445_2335552.jpg

[PR]

by watdent | 2012-06-13 23:37 | お口の健康  

会議で広島へ

熊本市が政令指定都市になってまもなく熊本市歯科医師会宛に「13大市歯科医師会連絡協議会専務理事会」なる会議にオブザーバーとしての参加要請がありました。今までこんな会議があることも知らずにいましたが、情報源は多いに越したことはありませんので早速参加することになりました。
 5月の末、今回は広島で開催されるとのことで単身広島へ、新幹線がありますので2時間で着きます、本当にひとっ飛びって感じですね。
 会議では今まで熊本市程度のサイズでは無かったようないろんな問題やいつでも共有しているような問題など、次回の本会議に向けてひとしきりのディスカッションが行われました。
 それより皆さんにお伝えしたいのは、その席に置かれていたヨーグルトの説明です。
 このヨーグルトはメーカーと広島大学が協働で開発した製品で、虫歯菌や歯周病菌を効果的に駆逐する機能を持った通称8020菌という乳酸菌を使った製品ということでした。
確かに研究データからは4種の歯周病菌とミュータンス菌の発育が阻止されているのが見て取れました、口腔内には多くの種類の細菌がいますが、その中の悪玉の菌の発育を旨く阻止できれば虫歯や歯周病の予防には効果があるのではないかと思われます、近頃はこういったプロバイオテクスを応用した製品がいろいろと出回ってきましたが、実際の生活に取り込んで行くには費用面でなかなか永続性のある製品はありませんでしたがこの製品はどうでしょうか、未だ九州では発売されていないようですが成り行きを見守りたいですね。
d0135445_21374365.jpg
d0135445_21382052.jpg

[PR]

by watdent | 2012-06-13 21:41 | お口の健康