「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

学会 in 東京

先週久しぶりに東京に行ってきました、有楽町の東京国際フォーラムで開催された学会で発表するためですが、毎度のことながら人の多さには圧倒されます。がしかし東京に住むということは体にとってよいことかもしれません、ちょっとしたお店に入るには列を成して延々立って並びますし、ともかく歩きます、しかも田舎より早足です、交通網が恐ろしく発達していて何処に行くにも公共機関、電車、地下鉄ですが、その乗り継ぎや駅から目的地までは早歩きです。田舎の生活では貧弱な公共交通網はあるものの車が無ければどうしようもない一面があり、ドアtoドアです、しかもちょっとでも目的地に近いところに車を停めて、コンビにでもお店入り口のすぐ前がみんなのねらい目です。
この街は何時来ても何処かしこ新しいビルが建設中です、常に好景気です。そして地方は財政破綻。何処に住んでいる、どの人たちが、誰のために、何時までこのシステムを押し通すんでしょうね?日本の中でも特異点になってしまったこの街からはこの国を見渡すことは不可能なようです、というか「日本?関係ねーよ!」って声が聞こえてきそうです。
さて今回の学会、僕も発表しましたが、いろんな人の発表、講演を聞き、また、運よく著名な先生方と話をすることができ、多くのアドバイスやヒントを得ることができ、仕事(お勉強)に対するモチベーションをさらに引き上げることができ、大変有意義でした、この学会での発表は数年前につぎ2回目ですが、毎回いろんな刺激があって身が引き締まります。

d0135445_14184738.jpg
[PR]

by watdent | 2008-06-19 08:47  

暖かくなってきましたが、、、。

d0135445_010642.jpg 先日暖かな陽気に誘われて南阿蘇グリーンロードを散策しました、阿蘇ミルク牧場側から入ってゆっくりと久木野まで行き、久木野側の展望所(丁度アスペクタの裏になります)で一休みしてまた折り返し熊本市内に向けて同じ道を帰ってきましたが、帰り道の途中上り坂のカーブしたところで人影を発見、このあたりで歩行者はまず見かけません、咄嗟に交通事故であると判断しました。道路の左脇にバイクを停め、状況を把握、どうやら二輪車の単独事故で僕は第3発見者のようでした、二十歳過ぎぐらいの青年でしたがすでに自分でヘルメットを外していましたし、どうやら右ひざが最も重症なようで下半身側溝にはまったままで動かせず、ずいぶん痛がっていましたが、明らかな偏位も無く、意識もはっきりしており脈も正常、出血もなし、内出血を疑わせるような所見は着衣の上からは見られませんでした。きちんと革のライディングスーツを着用していたのも軽症で済んだ理由かもしれませんが、残念ながら運動靴はマズかったようでした。バイクはかなり酷く壊れていましたが、本人が言うにはスピードが出すぎていたせいでカーブでバイクが滑ってしまい、ガードレールに叩きつけられたのだそうですが、もうちょっと場所がずれていたら谷底に落っこちているところでした。程なく救急車が到着して、居合わせたみんなで協力して担架に乗せて救急隊員の方に委ねました。バイクは爽快ですが常に安全マージンをとっておかないと怖いですよね。早く回復されることをお祈りします。
[PR]

by watdent | 2008-06-11 22:51 | その他  

私の体重人生その2

 大学卒業後、矯正の医局に残り4年間を過ごしました、その間体重変動はさほど無く(ダイエットを試みるも毎回挫折)70キロをキープ、ただ学生時代と違い目上の方々との付き合いやゴルフ場など中年の方々と自分を見比べて「まーだ良いか」と油断していました。
医局生活4年をすごした後熊本に帰り、父の医院を手伝うことになりましたが、このとき仕事は忙しくなったもののおなかがすかなくなったのを感じました、やはり大学病院の広いスペースを歩く日々と、狭い診療室のなかをうろうろするのとでは運動量が違うんでしょうかね、このころは体重の変化はあまり無かったんですが体形が徐々につきたてのお餅のようにしまり無くでぶっとつぶれてゆくみたいな感じがしていました。ところがそれもしばらくで慣れてくるとまたもやきちんとおなかがすくようになりました。そのころからまたぼちぼち太り始めてきたわけですが、数年後の結婚を機に加速度的に太り始め、途中毎日1500メートルの水泳をする日が半年ほど有り、7〜8キロの変動はあったもののその後見事にリバウンド!結婚約10年で人生最大の体重83キロをマークすることになったのです。そんなある日、持病の腰痛が今ひとつ調子悪かったものの遠来の友人と無理してゴルフをしました、体を動かすと痛みも引くだろうとタカをくくっていたのですが、ラウンドが進むにつれてだんだんと痛みが増してきました、もう途中でリタイヤした方が良いんじゃないかな〜と思いましたがどうにか無理してホールアウトしました、しかしその時はすでにまっすぐ立っていられないほどに症状は悪化していたのです。馬鹿な話ですがゴールデンウイークの初日と言うこともあり「まあ何とかなるさ」と思っていました。ところが一晩明けてもいっこうに治まらず、患側の下肢の運動が制限され、立っていると普通に立っているつもりなのに片方の足の筋肉に力が入らず体が揺れ動、きめまいのような錯覚さえ感じるようになりました。これはまずいなということで同級生の整形外科医に相談し、翌日から通院することにしました、1〜2日は仕事を出来ずに寝付いていましたが数日後にどうにか歩けるまでに回復し、手術は免れ保存的治療をして行くことになりました。
元々腰が弱かったのに大学時代ラグビーで完全に壊してしまった腰椎に今の体重は大きな負担になっていることでしょう、だって60キロの頃と比べて常に20キロのダンベルを抱えて生活しているのと一緒なのですから、そういうわけでやっと決心しました、ダイエットです。(83Kg)
次号へ続く
[PR]

by watdent | 2008-06-11 22:42 | ダイエット関連