「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:その他( 5 )

 

熊本地震

最初の地震があった時はちょうど木曜日、早めに仕事が終わり大江のジムで筋トレ後クロストレーナーに乗ってるときでした。いきなりものすごい音と共に強い横揺れが襲ってきました。その瞬間誰かが大型のトレーニングマシンを倒したのかと思いましたがそうではなく揺れは続きます。大きな地震が起こったということを理解するまで長くはかかりませんでした。すぐさまトレーニングマシーンに付いているテレビをNHKに切り替え緊急速報を見ました。このテレビは音声出力がイヤホンしかないのでジムの中の人たちに向かって大きな地震が起こったこと、震源地が熊本であることなどを伝えました。程なくジム内にアナウンスがあり、建物の安全は確保されていることが伝えられました。急いで着替えて帰宅しようと大江から北水前寺の踏み切り方面に向かいましたが、何時までたっても踏切が上がりません、地元の人から地震ですぐ横の駅構内に列車が止まってしまい踏み切りが開かなくなっていることを知らされ、急遽味噌天神方面に迂回して車を走らせました。
地震発生10分後ぐらいでは未だ道は車が若干多い程度で走行に支障はありませんでしたが、走行中でも余震を感じることがありました。途中、母の住む実家の安全を確認して診療所にたどり着きました。
診療所の中に入ってみると、建物は外観上はとくに大きな変化は無く電気も来ていましたが、部屋中に物が散乱して棚から全ての物が飛び出して、本棚は壊れてPC、TVは床に落ち、、、。まさに部屋を上下左右にひっくり返したようでした。ともかく物をかき分けて部屋に入ろうとしても身の丈から膝丈ほどの障害物を乗り越えて進むしかなくとても居住できる状態ではないことは歴然としており、とりあえずの火災、漏電、ガス漏れなどのおそれが無いことを確認してこの夜は実家に泊まることにしました。
余震が時々繰り返すので家の中にいるのもなんだか怖い気がしていつでも庭に飛び出せるようにして休まなければと思いながらふと当院のスタッフのことが気になりました。5名のスタッフの中で3名は家族と住んでるんで大丈夫だと思いましたが残りの2名、20台前半の二人はそれぞれアパートに住んでいます。一人は先日から嘉島で暮らし始めたばかり、そしてもう一人も錦が丘で一人暮らしをしています。まずは錦が丘の子に電話をしてみました。すると、ビルの4階の部屋は物が散乱していて余震が怖くて避難所に来ていますとの事。詳しく聞くと、避難所の中学校は体育館が倒壊の危険があるので入られないということで寒空の中校庭に毛布も無く佇んでいるとのことでしたので、車に乗り急いで回収に行きました。回収後、着の身着のままで避難所に来ていたということで一旦アパートの部屋に最小限のものをとりに行きました。アパートは電気が来ており共用部分の明かりもついていましたが、用心してエレベーターは使わずに階段で部屋に上がり荷物を取ってきました。建物は見たところ損傷も無く大丈夫のようでしたが上層階のゆれは気持ちの良いものではありません。車にもどりもう一人のスタッフに電話をしたところ、こっちも同様に嘉島の小学校の校庭にいるとのこと、風呂上りで髪もぬれたままだったようです。急いでこの娘も回収に行きましたが、こっちは電気が来ておらず、真っ暗な中学校の前に立っていました。こちらもアパートの部屋に必要最小限のものを取りに行き(こちらは真っ暗でしたので懐中電灯を頼りに)、私の実家に連れて来ることにしました。帰り道にコンビニに寄ってカップめんを購入しましたが、コンビニの店員さんは使命感を持って職務を遂行されており、客も買占めや割り込みなどの行動はしておらず、大変安心しました。途中通った田井島の交差点では交差点の中央が大きなお臍のようにマンホールを中心に窪んでいました。その晩は酷い余震に備え、いつでも庭に飛び出せるようにして彼女たちと実家の居間で夜を明かしました。幸い酷い余震も無く朝を迎えることが出来、仕事場である診療所に行きましたが、もちろん予約の患者さんがみえるわけでもなく先ずはと診療室から片付けに手をつけました。それでもおいでになる患者さんは数名有りましたが、二人の独身スタッフはとりあえず余震の心配もあり、いまのうちに実家に帰るよう段取りをして早々に医院を閉めました。その夜も診療所の自宅部分は足の踏み場もないようにひっくり返ったままだったので実家に泊まるようにしました。幸い電気が来ていたので非常食の夕飯を済ませ、もしもに備えて居間の窓際、何時でも庭に飛び出せるところに寝ることにしました。その時はまさかあんなに酷い本震が起こるとは思いもしていませんでした。
本震は、その夜完全に寝入った後にやってきました。
それは突然何の前触れもなく強烈な大きい振幅の横揺れが家や周囲の建物や地盤がきしむ不気味な音と共にやってきました。すぐさま起き上がり、鍵のかかっていないサッシを開けて庭に飛び出しました。地鳴りとガラガラと周囲の家から瓦が崩れ落ちる乾いた音の中、強い揺れで立っているのがやっとな状態がしばらく続き、家が潰れるんじゃないか、隣のマンションが倒れてくるんじゃないかと恐怖に駆られていました。最初の揺れから数分後、揺れは最初ほどはなくなったもののずっとうねる様な動きが続いており、程なく点けていた室内の照明が停電により消えました。
それからも振幅は大きくなり小さくなり、地盤がねじれるように歪む海に浮かんでいるような感触が続きました。母と3人懐中電灯を手にトランジスタラジオを情報源に庭に佇んでいました。もう一つの情報源である携帯電話からは地震の到来を告げる警報音が何度も鳴りましたが、これは全て地震が起こった後に鳴り始める状態で、震源地に近いところでは何の役にも立たず、それを止めるのが煩わしかった思いがあります。この大きなの地震は結局1時間ほど揺れ続き、その後間欠的になりましたが、その夜は建物に入るのが怖くて、隣の駐車場に止めた車の中でワンセグとラジオで情報を得ながら一夜を過ごしました。


d0135445_12335489.jpg

[PR]

by watdent | 2016-06-18 12:35 | その他  

熊本城マラソンAEDサポート隊

熊本城マラソン、今回初めてのお祭りです何らかの形で参加できたらいいなと思っていたところにボランティアの募集があることを知りました、しかしながらせっかくなら歯科医としての専門性を有効に発揮できるプランはないだろうかと考えたところ、我々が毎年トレーニングをしている救急蘇生、しかもAHAのBLSプロバイダーであった経験も重なってぜひ救急蘇生の分野で協力したいと思い立ちました。早速熊本市役所の担当部署に連絡すると「意向は歓迎する」という話でしたので、いつもお世話になっているフクダ電子に連絡し、マラソン当日のAED貸し出しは出来るのかを尋ねると、これも協力しますとの返事。あとはメンバーを集めて企画を立ち上げようということになり歯科医師会会員の皆さんに声をかけたところ10名の先生方が名乗りを上げてくれました。総勢11名、その殆どはAHAのBLSプロバイダーもしくは経験者です。
さて、やることは決まりましたがどういう形で作戦展開するか?と考えていたところ主催の熊本市から医療関係ボランティアの会議があるので出る様にとのこと。行ってみると本会の他に熊本ACLS協会(AHAの熊本総本山)、基幹病院である国立病院、済生会病院、日赤、看護協会、消防局、その他多くの団体が出席していました。我々と同じくAEDを準備しようというのはACLS協会で、こちらは、定置、モバイルともに多くの器材を用意されるとのことでした。話を進めるうちにフルマラソンに於いてはACLS協会が区割りし、定置、モバイルともにかなり充実した布陣をされており、さらに本会もその体制に協力する形で参加しては如何かとのお誘いもありましたが、あえてフルマラソンに於いてはACLS協会のシステムから外れた部分をサポートしようという考えで本会はコースを区割りせずに統計上マラソン大会で80%の心停止事故が起こるという後半30キロから先に集中し、遊撃的に対応しようと言うことに決めました。
また、同時開催の4キロレースについての救護体制は全くの白紙でしたのでここにも協力しようと言うことになりましたが、ここについては結局本会が独自で全面的対応をすることになりました。
さて、そうなるとフルマラソンはともかく4キロに於いては完璧な対応を迫られることになります、想像するとフルマラソンはいくら何でも全くの運動したことがない人は参加しないでしょうが、4キロだと普段全く運動をされない方がお散歩気分で参加される人もいらっしゃるでしょうし、実際制限時間は9時スタートの10時半交通規制解除ですから約時速3キロということになりますが、逆にここぞとばかりに4キロをスプリントされる方もいらっしゃるでしょうしまた、「さっきまでそこで飲んでました」という方も参加される可能性があり、本当にリスクがあるのはこちらの方かも知れないともいえます。
ちなみに4キロのコースですが、大劇前スタートから上通りを抜けて広丁、左折して坪井川沿いを市役所の角まで戻り、パルコ角から下通へ入り新市街を抜けて県民百貨店、城彩苑、監物台、二の丸公園というルートです。
さて、対策を考えるに当たって状況を把握するために最も早い人を時速20キロ、最も遅い人を時速3キロと設定し、経時的に地図上にプロットしてみました。するとスタート12分後に先頭はゴールインしますが、なんとその時最後尾は未だスタートから600メートルしか進んでいません、つまり上通り並木坂から二の丸公園までの長大な隊列となるわけです。それを11人でサポート、しかも熊本市の大会事務局からはアーケド内の自転車走行は不可とのこと。問題は出そろいました、等間隔に11名が沿道に立つと約400メートルに一人という間隔になりますが、それでは少し手薄な気がします、そこで前段のアーケド以外(広町から坪井川添い、パルコ前)に配置されたメンバーが先頭集団通過後暫くして城内のポジションに移動するというプランを考えました、また、この範囲で各メンバーがお互いの位置の確認や緊急事態の発生を知らせるためにはどうしても携帯電話では都合が悪いということで各メンバーに無線機を持って貰う事にしました。
さて当日、歯科医師会館に7時半集合、スタイルし、最終ブリーフィングを終えた後、今回の熊本市歯科医師会の参加はメディカルサポートチームの一角ということで特別に報道や紹介はされていませんのでおそらく本大会メディカルサポートのベース基地であるビプレスに配置された国立病院の先生方は4キロのサポート隊のメンバーや仕様についてご存じなかろうと言うことで8時過ぎから初めはビプレス前に移動し、何時も会議でよく顔を合わせている国立病院の河野副院長、高橋救急部部長にご挨拶し(まさか会長自ら参加とは思っていらっしゃらなかったようすで驚いておられました)、混雑の中邪魔にならないように上通りに場所を移して「ファイトおー!」をきめて各自の持ち場に分かれました。
さてスタートです、持ち場の坪井川添い電気ビル前に移動し待機します、しばらくするとパルコ前配備の鈴木先生から「今スタートしました」のアナウンスが無線に届きました、程なく千葉城橋から東を見ていると長崎書店前をかなりの速度で駆け抜ける第一走者を確認、やはり予想通り4キロをスプリントする選手がいました、さらに暫くすると第一走者が信愛幼稚園の角にさしかかったという報せが入りました、いよいよフォーメーションが動き出します、坪井側から電気ビル前を通って先頭集団がかけてゆきます、それに伴って信愛幼稚園角に配備されていた磯野先生が緑のロードバイクで駆け抜けてゆきます(そのまま辛島公園前まで移動)、それから2分後、おそらく先頭は下通と銀座通りの交差点あたりに到達する頃に坪井川沿いに配備された4名は棒庵坂、長塀の2つのルートに分かれてそれぞれ監物台、頬当御門、城彩苑、市民会館、に移動です、空いた場所には広丁にいた田中先生が移動する事になっています、4キロの選手も殆どが結構真面目に走っています。
無事移動も終わりランナーが駆けて行くのを城彩苑横で見渡します、スタートから20分ほどが経過、現在の所一件のアクシデントも起こっていません、無線では「辛島公園前クマモン通過!」などという平和なアナウンスが届きます。無事最高齢93歳のランナーを見送り、さてそろそろ最終ランナーかな?と思われる10時を回ったあたり、派手な格好の3人組のおばさま方が通過、「皆さんが最後ですか?」の問いに「まーだ後!じいさんがおらす」との返事、しかしどう見渡してもそれらしき影は見あたりません、本会の無線網にも把握されているという返事はありませんし、横にいる市役所職員の無線網にもその様な選手は把握されていないようでした。それから暫く情報収集すると、10時半前どうやら交通センター前にそれらしき選手がいるとの情報を得、急行しました。いらっしゃいました、ご高齢の男性、市職員と熊本市幸山市長に付き添われて。本日一番辛そうな走り(歩き?)です、われわれも有事に対応すべく人数を集め後からゴールまで追走しました、どうにか無事大きな拍手に迎えられゴールインされました、これで4キロコース無事終了です。
休む間もなく予定の集合地点城彩苑に集合し11名そろったところでフルマラソンのサポートに向けて出発しました、平成大通りに向けての道を11台で駆け抜けます、何時も車の脇、側溝の蓋の上を走ることを強いられている自転車ですが、マラソンのために閉鎖された道の真ん中を気兼ねなく走るのはとても爽快な経験でした。予定通り11時半にはアクアドーム前に到着、ここまで来ると沿道の応援もかなりヒートアップしています、大きな歌声や太鼓の音、まさにお祭り騒ぎです、すでにコースの半分以上を走破した多くの選手たちが走り抜けて行きますが、ここで我々はちょっと失礼しておにぎりタイム、各人ポケットのおにぎりを素早くおなかに詰め込みます、僕らサポート隊は沿道に並ぶ飲食物には手をつけてはいけないことになってるんですね(当たり前ですが)。
さてここから僕たちはは2人一組でバディーを組んで熊本城二の丸のゴールまでを最終関門が閉鎖される15時半までひたすら往復、繰り返し往復です。現在までの所一件の事故も起こっていないようですが、このまま無事に推移してくれることを祈りながら選手の邪魔にならないように走路を巡回します、途中テレビ局の取材や、本会選手、沿道の知り合いなどと挨拶を交わしながらも常に視界を見わたし選手の状態を確認します、時々走るのを止めてしゃがみ込む人もいますが、殆どは足の問題、足がつったとかスジをのばすとか整形外科的な問題が起きる方は多いようですが、皆さん何とか立ち直ってまた歩き出されます、その姿を見るたびにつくずく「僕は自転車で良かったなー」と感じました。最終関門、新町第一高校前は大音響の応援、ボシタであります、それは良いんだけどここのエイドステーションのお嬢さん方は感極まっているのか狭いところで飲み物を持って走者に近づいてくるんで危ないです、予期しない行動をとられると限界の走者には急に避ける余裕がありませんからね、来年はここん所改善して貰いましょう。そうこうするうちに予定の15時半、最終関門の閉鎖です、このあとは新町から二の丸までしか走者は居ません、サポート隊が集結しており十分な体制がとられていますが、ここでついに路肩に倒れた男性を発見!僕のバディーの「大丈夫ですか!」の問いかけに横にいる女性から「すんまっせーん、こん人は応援しかしとらっさんと、ただの飲み過ぎです!」とのお返事、一瞬緊張が走りましたが何とも平和な回答でした。なにはともあれ結局CPA事例一件の発生もなし、本当に幸運なうちに大会は幕を閉じたのでありました。
d0135445_16452857.jpg
[PR]

by watdent | 2012-04-06 16:48 | その他  

地デジ化

 先日診療室のテレビを3台だけ地デジ対応機種に変更しました、しかし元のアナログアクオスと比べると色が、、、。ビビッドというか発色がずいぶん違います、DVDのラベンダー畑がアクオスでは紫色、地デジでは青です、調整で届く範囲の誤差ではありません、まあ元々の色はどっちが正しいのかわかりませんのでそういうものと解釈しますがいかんせん並べてみるとその違いにみんなびっくりです。それと導入価格、アクオスの時は薄型テレビの出始めだったんで相当高かったんですが、今回エコポイントを入れなくてもアクオス1台分の価格で5台の地デジが買えます。このアクオス君たちも最近順番に故障(全て電源回路の同じ症状)して修理費で地デジが買えそうなぐらいかかるもんで、今回未だ壊れてない機械から入れ替えを開始したというわけです。今当院においでになればアナログ液晶と地デジ液晶の違いが並べてみれますよ。ただしどちらもアナログで見てますんで地デジTVには不利な状況ですけどね。
写真はそれをデジカメで撮影しましたのでもう一つ違いが強調されてますがどちらも美瑛のラベンダー畑とアゲハチョウです。
d0135445_15571294.jpg
d0135445_15575797.jpg

[PR]

by watdent | 2010-11-05 16:00 | その他  

皆様お元気ですか

 d0135445_2285658.jpgまたもや久々の更新です、昨日はインプラント関係の講演会で博多に行ってきました、Myron Nevins先生のありがたい講演とOJ会員のアグレッシブなケースプレゼンテーションを堪能してきました。2日目終了後一緒に熊本まで帰った若い先生は道中興奮が冷めやらないようでずうっと熱弁していました。
 実のある勉強会に参加した後は本当に自分の中のバネが改めて押し縮められたような気がして力がみなぎる気分がするもんですが、冷静になって再度内容を検証し、自分の中で消化するという作業が必ず必要だと思います、それによって本当に自分のものに出来るんですよ○○先生。
コンベンションの席上Nevins先生は快く写真撮影のお願いを聞いていただけました、恐れ多くはありますが写真を掲載させてもらいます。
さてずいぶんサボっていた間に当院のチェアユニットが3台新しいものになり、診療室、待合室のエアコン、空気清浄機が新型になりました。設備も頭の中も常に流動的に更新してゆかねばなりません、そしてブログも、、、、。
ダイエット関係のTwitterです、レコーディングダイエットみたいなつもりですがなかなかやせませんねー。
いつまで続くか解りませんが、、、。
http://twitter.com/kotekagiganta
[PR]

by watdent | 2010-07-15 22:13 | その他  

暖かくなってきましたが、、、。

d0135445_010642.jpg 先日暖かな陽気に誘われて南阿蘇グリーンロードを散策しました、阿蘇ミルク牧場側から入ってゆっくりと久木野まで行き、久木野側の展望所(丁度アスペクタの裏になります)で一休みしてまた折り返し熊本市内に向けて同じ道を帰ってきましたが、帰り道の途中上り坂のカーブしたところで人影を発見、このあたりで歩行者はまず見かけません、咄嗟に交通事故であると判断しました。道路の左脇にバイクを停め、状況を把握、どうやら二輪車の単独事故で僕は第3発見者のようでした、二十歳過ぎぐらいの青年でしたがすでに自分でヘルメットを外していましたし、どうやら右ひざが最も重症なようで下半身側溝にはまったままで動かせず、ずいぶん痛がっていましたが、明らかな偏位も無く、意識もはっきりしており脈も正常、出血もなし、内出血を疑わせるような所見は着衣の上からは見られませんでした。きちんと革のライディングスーツを着用していたのも軽症で済んだ理由かもしれませんが、残念ながら運動靴はマズかったようでした。バイクはかなり酷く壊れていましたが、本人が言うにはスピードが出すぎていたせいでカーブでバイクが滑ってしまい、ガードレールに叩きつけられたのだそうですが、もうちょっと場所がずれていたら谷底に落っこちているところでした。程なく救急車が到着して、居合わせたみんなで協力して担架に乗せて救急隊員の方に委ねました。バイクは爽快ですが常に安全マージンをとっておかないと怖いですよね。早く回復されることをお祈りします。
[PR]

by watdent | 2008-06-11 22:51 | その他