「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ダイエット関連( 4 )

 

私の体重人生その2

 大学卒業後、矯正の医局に残り4年間を過ごしました、その間体重変動はさほど無く(ダイエットを試みるも毎回挫折)70キロをキープ、ただ学生時代と違い目上の方々との付き合いやゴルフ場など中年の方々と自分を見比べて「まーだ良いか」と油断していました。
医局生活4年をすごした後熊本に帰り、父の医院を手伝うことになりましたが、このとき仕事は忙しくなったもののおなかがすかなくなったのを感じました、やはり大学病院の広いスペースを歩く日々と、狭い診療室のなかをうろうろするのとでは運動量が違うんでしょうかね、このころは体重の変化はあまり無かったんですが体形が徐々につきたてのお餅のようにしまり無くでぶっとつぶれてゆくみたいな感じがしていました。ところがそれもしばらくで慣れてくるとまたもやきちんとおなかがすくようになりました。そのころからまたぼちぼち太り始めてきたわけですが、数年後の結婚を機に加速度的に太り始め、途中毎日1500メートルの水泳をする日が半年ほど有り、7〜8キロの変動はあったもののその後見事にリバウンド!結婚約10年で人生最大の体重83キロをマークすることになったのです。そんなある日、持病の腰痛が今ひとつ調子悪かったものの遠来の友人と無理してゴルフをしました、体を動かすと痛みも引くだろうとタカをくくっていたのですが、ラウンドが進むにつれてだんだんと痛みが増してきました、もう途中でリタイヤした方が良いんじゃないかな〜と思いましたがどうにか無理してホールアウトしました、しかしその時はすでにまっすぐ立っていられないほどに症状は悪化していたのです。馬鹿な話ですがゴールデンウイークの初日と言うこともあり「まあ何とかなるさ」と思っていました。ところが一晩明けてもいっこうに治まらず、患側の下肢の運動が制限され、立っていると普通に立っているつもりなのに片方の足の筋肉に力が入らず体が揺れ動、きめまいのような錯覚さえ感じるようになりました。これはまずいなということで同級生の整形外科医に相談し、翌日から通院することにしました、1〜2日は仕事を出来ずに寝付いていましたが数日後にどうにか歩けるまでに回復し、手術は免れ保存的治療をして行くことになりました。
元々腰が弱かったのに大学時代ラグビーで完全に壊してしまった腰椎に今の体重は大きな負担になっていることでしょう、だって60キロの頃と比べて常に20キロのダンベルを抱えて生活しているのと一緒なのですから、そういうわけでやっと決心しました、ダイエットです。(83Kg)
次号へ続く
[PR]

by watdent | 2008-06-11 22:42 | ダイエット関連  

私の体重人生その1

私の体重人生その1
もともと小学校時代などは大変食が細く、給食時間にもいつも最後まで残って食べる(この時代私の周りでは給食は完食が義務でした)というありさまで、痩せ型で背も低くもちろん体重も軽かったわけで、それもあってか当時は鉄棒遊びばっかりする毎日でした、ともかく食べるのが遅く、もちろん食に対する興味はほとんど無く1日3度の食事が面倒だと思うほどでした。当時肥満気味の弟がおやつにハンバーガーを食べるのを見てその意味が理解できませんでした(なんでわざわざ煩わしい食事の回数を増やすのかと思っていたのである)。
その後も中高と背丈は標準になったものの、食事量は少なめだったように思えます、(ただし家庭内での比較ですが)18歳から24歳(大学生時代)60キロ 大学に入り部活などもするようになり食事のスピードと量が顕著にアップしましたが、この時代はどんなに食べてもどんなに飲んでも全く体重変動がありませんでした、いま思えばかなりの大食漢だったと思います。私は大学に入るまで両親と弟の4人暮らしだったのですが、どうやらこの家庭の標準値は一般的な家庭の標準値とは若干ずれていたようです。たとえば食べる量においては実は同級生の中ではどちらかと言えば大食い部類でしたし、家庭ではいつも猫舌ということになっていたのにもかかわらず誰と食事をしても「そんなに熱い物よく食えるな~」と言われることはたびたびでした。一時ボクシング(世間的にはボクシングごっこ)などをしており、そのときは60キロから53キロまで減量をしていました、最初の5キロは一週間で落ちますがあとの2キロはなかなか落とすのが大変でした、まず水を飲まない、水分を減らして体重を落とすわけです(若いから良い様なもののその結果血液どろどろ、虚血性疾患をおこしそうですね)水分を取らずに毎日運動を続けていると汗の量が極端に少なくなります、本当に体に悪いことをしていました、試合が終わってまた水分を普通に摂るようになると瞬く間にもとの体重に戻りますこれはダイエットと呼べるものじゃあなかったと思います、ただ、後々いつでも一週間あれば5キロ落とせると間違った認識をしてしまう素になりました。
大学卒業前の半年間は朝11時に起床、そして次の朝5時就寝、まさに食事とトイレ以外は勉強!と言う日々を送りました、風邪をひいてはいけないと栄養を十分にとり、1日4食取っていました、特に4食目の朝5時の晩酌?朝酌?は当時唯一の楽しみでした。おかげで半年後には優秀な成績とプラス10キロの体重を獲得したのでありました。(70キロ)
[PR]

by watdent | 2008-04-11 18:51 | ダイエット関連  

やせない日常

昨夜は地域の矯正研究会理事会に出席しました、会議だけだと思っていたところ終了後新年初めてなので食事会がセッティングされているとのこと、出欠のメールをあまり詳しく読まずに出席の返事をしていた僕はこの食事会にも出席になっているとのことでダイエットのことは考えないことにして楽しく出席。
今夜は所属するスタディーグループの例会で座長をつとめます、終了後2名の発表者を労うということで今夜もダイエットはおあずけ、嬉しいような悲しいような、2008年は体重が減りません。、、、。
[PR]

by watdent | 2008-01-22 18:31 | ダイエット関連  

肥えました〜

年末からお正月のいろんなお誘いやお祝い事などで4キロも太ってしまいました、ここ半年でやっと8キロの減量を果たしていたのに、、、。
半年間絞りつづけた体は乾いた砂のように栄養分を吸収したのでしょう、「うちでは徹底して減量、外と週末は気にしない」のペースは変えなかったつもりですが、この「外」がかなり多かったようで致し方有りません、明日からまた炎のダイエッターです。
[PR]

by watdent | 2008-01-06 19:18 | ダイエット関連