カテゴリ:お口の健康( 7 )

 

研鑽と啓発

7月21、22日は博多で全国組織の勉強会の合同例会に参加してきました。
土曜の診療後ダッシュで福岡の会場エルガーラへ駆けつけました、丁度審美歯科のセッションの発表が繰り広げられていましたが、この数年審美歯科のレベルがかなり上がってきたように感じます、しかもプレゼンテーション技術の向上にも目を見張る物があります。まあ、僕も末席をけがさせて貰っているこのSJCDというグループは日本にいくつかあるメジャーなスタディークラブの中でも特に審美歯科に秀でていることでは異論のないグループではありますが、それにしても「行くところまで行っちゃったんじゃないの」という感じでした。一日目の発表会が終わって夜は懇親会です、場所をホテルにかえての祝宴ですが、挨拶に立った今回主催の福岡SJCD会長(僕の矯正科時代の一つ後輩ではありますが)のタキシードのポケットがぱんぱんに膨らんでいたのと余興の往年のバンド「チューリップ」(財津抜き)が印象的でした。
22日は朝から一番に会場に入り11時近くまで発表を聞き、新幹線で熊本に帰りました。未だ午後まで発表会はあるのですが悲しいかなダブルブッキングです、熊本の若葉地区にある公民館で、包括支援センター主催の健康講話をせねばなりません、今回は5月に講話をしたのとは違う地区の皆さん向けに話しましたが、今回から近くに新しくできた内科の先生とジョイントでの講演になります、内科の先生はリクエストがあった演目ということで免疫についてのお話をされました、僕ら歯科医も一応大学で同じ講義を受けて勉強しているのではありますが、日常あまり直接関わらない分野なので久しぶりにリフレッシュすることが出来ました。僕は今回からオープニングに「お口の健康体操」を導入して摂食嚥下、口腔乾燥症に対する唾液腺マッサージなどの切り口から歯周病、カリエスの話をしました。この「お口の健康体操」は新潟の歯科医師会や新潟に2つ有る歯学部が協力して作られた物らしいですが、勝手にお借りして申し訳ありません、でも、より多くの方がこの体操によって健康を維持されることを目的として作られたのでしょうから、あえてご紹介しますhttp://www.dent.niigata-u.ac.jp/oral-care/video/taiso_s.wmv
最近いつも言うことなんですが、「皆さん一本も歯を抜かないようにしましょう」というのは間違ってはいないのですが、この本当の意味は「皆さん歯を抜かなくてはならない状況にならないようにしましょう」ということなのです、ぐらぐらになってしまった歯を前に患者さんが時々言われるのですがぐらぐらになった歯を動かなくすることは現代の歯科医学でもほぼ不可能なんです、ですから「歯が動いていないうちに将来動き出さないように十分なお手入れをしましょう」というのが最も的を得た話なんですね。ですから結局は日常のお手入れと定期的な検診、清掃を受けることがなにより自分の歯を永く使ってゆくための最善の手段となるわけです。
d0135445_10543421.jpg

[PR]

by watdent | 2012-08-02 10:29 | お口の健康  

2012歯の祭典

6月3日毎年恒例の「歯の祭典」ウェルパルでのイベントです。
今年は会場がちゃんと取れていなかったようで部屋の中が少し狭くなりましたが、その代わり外のテラス部分が使えます、ラッキーにもお天気に恵まれましたのでかえってご機嫌な一日でした。
午前中は会場内の流れの調整やトラブル対応、行政の皆さんとの運営確認、「歯の何でも相談コーナー」での対応などをしておりました。
 今回のパンフレットには「くまモン」の写真が掲載されています、実はこれを印刷に回したときには確定していなかったんですが、本日は午後2時から「くまモン」がやってくることになっています、我々スタッフも楽しみにしています。
 さてここで考えさせられる相談者がやってきました、毎年なんだかつかみどころのない質問は多々ありますが、どこに持って行きようもない歯や歯医者、歯科医学についての生の叫びを真摯に拝聴させて貰っています。今回のお話は70歳ぐらいの男性からのものでした「先日歯の詰め物が外れて、何時ものかかりつけの歯医者さんじゃあない所の歯医者に行ったところ、その歯医者さんでは順番が来ると呼び出すのではなく待合室に女性スタッフがお迎えに来てくれる、そして治療が終わるとまた手を引いて待合室まで連れて行ってくれる(充分に一人で歩ける方なのですが)、本当に至れり尽くせりで満足だった、それに引き替えかかりつけの歯医者は充分な対応ができていない、もう元の歯医者には行く気がしない、歯科医師会として何故こういう事を指導しないのか?」とのお話しでした。それに対しては「歯科医師会では会員や各院のスタッフ向けに「接遇セミナー」などを毎年開催して診療環境の向上に努めるべく努力はしておりますが、参加は任意ですので何とも、、、、」という歯切れの良くないものになってしまいましたが、問題は歯医者さんを選ぶ基準がどこにあるかということです、まあたしかにどれだけ最新のエビデンスを勉強し、それに基づいた治療をしようと、どれだけ丁寧な治療しようと、残念ながら患者さんに解るのは「痛かった」とか「随分回数がかかった」とかそういうことだけ、例えるなら味のしないレストランのようなものなのかも知れません。そうなるとこの患者さんのような判断基準で歯医者さんは選ばれるんでしょうね,言い換えれば歯科医療の勉強をするよりも客商売の勉強をする方が選ばれる歯科医になれるということでしょうか(もちろん接遇も技術も立派な医院もたくさんありますよ)。かくしてここにも毎日のように「年商9億円のクリニックの仕組みを公開!」なんていう有料講演会の案内が届きます、まさに医療崩壊そのもの丸出しです。
 でもね、僕の周りの先生方は幸運にも真面目に歯科医療に取り組むすばらしい先生ばかりです、多くの歯医者さんはみんなかわいそうなぐらいに真面目なんですよ本当は、、、、。
 それともう一つの悲しみ、ここにある写真は楽しそうに撮られた「くまモン」と歯科医師会スタッフの写真。でもここに僕は写っていません、そうなんですこの日「くまモン」登場の2時から4時まで僕は熊本矯正歯科研究会のブースで矯正歯科相談の係を真面目にしていたのでありました、ざんねーん。
d0135445_2335552.jpg

[PR]

by watdent | 2012-06-13 23:37 | お口の健康  

会議で広島へ

熊本市が政令指定都市になってまもなく熊本市歯科医師会宛に「13大市歯科医師会連絡協議会専務理事会」なる会議にオブザーバーとしての参加要請がありました。今までこんな会議があることも知らずにいましたが、情報源は多いに越したことはありませんので早速参加することになりました。
 5月の末、今回は広島で開催されるとのことで単身広島へ、新幹線がありますので2時間で着きます、本当にひとっ飛びって感じですね。
 会議では今まで熊本市程度のサイズでは無かったようないろんな問題やいつでも共有しているような問題など、次回の本会議に向けてひとしきりのディスカッションが行われました。
 それより皆さんにお伝えしたいのは、その席に置かれていたヨーグルトの説明です。
 このヨーグルトはメーカーと広島大学が協働で開発した製品で、虫歯菌や歯周病菌を効果的に駆逐する機能を持った通称8020菌という乳酸菌を使った製品ということでした。
確かに研究データからは4種の歯周病菌とミュータンス菌の発育が阻止されているのが見て取れました、口腔内には多くの種類の細菌がいますが、その中の悪玉の菌の発育を旨く阻止できれば虫歯や歯周病の予防には効果があるのではないかと思われます、近頃はこういったプロバイオテクスを応用した製品がいろいろと出回ってきましたが、実際の生活に取り込んで行くには費用面でなかなか永続性のある製品はありませんでしたがこの製品はどうでしょうか、未だ九州では発売されていないようですが成り行きを見守りたいですね。
d0135445_21374365.jpg
d0135445_21382052.jpg

[PR]

by watdent | 2012-06-13 21:41 | お口の健康  

人生5回目のむしばの治療

皆さんにとってはどんな歯科医が理想的でしょうか?ここで言うのは歯科医自身のお口の健康。「そんなことどうでもいい」と言う意見が大半であろうかと思いますが、今回はそのお話しです。
 歯科医自身の歯が虫歯と修復を繰り返しだんだんと残存歯数が少なくなってゆく虫歯スパイラルの状態にある歯医者さんや、歯周疾患にとりつかれて、グラグラの歯で悩んでいる歯医者さんというのはちょっと困ったもんでしょうか?もしくは、すでに歯が全くなく総入れ歯の歯医者さんというのも実際にいらっしゃいますし、その方々の入れ歯に対して望んでいらっしゃることは一般の方々とほぼ変わりないと言うことを読んだ記憶もあります。対照的に生まれてこのかた虫歯は一本もなく、歯周組織の抵抗性も強力で歯医者の治療台には一度も登ったことのない先生というのも患者になったことがないという意味では微妙な物がありますよね。
 前置きが長くなりましたが、遂に痛み出したんです、前々から少しだけ気になっていた左下の奥歯が。
物を噛むときたまにズキッとする、そしてその頻度が増してきたんです。この歯、左下の第一大臼歯は、他の3本の第一大臼歯と同じく今は亡き私の父が私が10歳前後の時に「アマルガム」を詰めてくれた物でした。幸い僕の歯にその後虫歯は出来ず、歯周疾患に対する抵抗もあり、それから現在に至るまでは親知らずの抜歯以外に診療台に登る機会はなかったんですが、今度ばかりは避けて通れそうにありません。
鏡で見ても特に虫歯が広がっているようには見えません、レントゲンを撮ってみても充填されたアマルガムの周囲に新たな透過性の亢進した部位(黒い影が広がった部位)は見あたりません。
①外から力を加えないと痛みは発生しない 
②冷たい物や熱い物に対する歯髄反応は正常である 
③歯を叩いても痛みはない ④レントゲンで深刻な虫歯の浸潤は見られない 
④詰め物の部位を鋭利な物で強く圧迫すると痛む、しかし痛みは圧迫した瞬間だけであり、すぐに解消する。
 以上のことから考えて現在の詰め物が何らかの原因で壊れて歯との間に一部隙間が生じていると判断し、この詰め物を新しくやり直すことが最も簡単で確実な方法であると結論づけたのであります。
さーてそうなると患者さんに「結局、虫歯は早期発見、早期治療が一番お得ですよ」なんて言ってる手前というかそう信じておりますのでこの場合「善は急げ!」であります。
幸い詰め物も大きくなく、部位もかみ合わせの面だけですし、しかも最もアプローチの良い左下と言うこともあり、当院の優秀な衛生士さんたちならば確実にこれを修復してくれると判断しましたので、今回は自分で治療をすることにしました。
麻酔を自分に打つのは以前親知らずを抜いたとき以来2度目です。十分に麻酔が効くのを待って(と言っても何時もの患者さんと同じ6分ですが)切削開始です、「キーン」という音のするドイツKavo社製エアタービンにアメリカS.S.White社製の#1557バーが40年強お世話になったアマルガムを削除してゆきます、思った通り除去された歯面には虫歯の浸潤は見られません。CDT(齲蝕検知液)にて虫歯の浸潤がないことを確認、少しだけ底の部分に残ったアマルガムタトゥー(アマルガムから銀イオンが溶け出し、象牙質に染みこんで黒く見える部位、虫歯ではなく銀イオンのせいで抗菌性がある)を除去しようとしたとき、ズキッとした痛みが!麻酔を追加して削りなおしですが、痛い、効きません、再度歯間乳頭から槽間中隔部へ麻酔を追加。どうにか効いたような未だちょっと痛いような感じを残しながらも窩洞形成終了。有能な衛生士さんにコンポジットレジンを充填、研磨して貰いました。
おかげで今では何でも食べられるようになり、またダイエット問題は懸案事項となったのでありました。
 お察しの通りこの詰め物はじつに40年以上にわたって機能してきました、時々自己検診するときにはやや表面に隙間やかげたところが出来てきて何か自覚症状があれば治療に着手せねばならないと思っていた部位でしたが、自己診断でレントゲン所見からは虫歯の浸潤はなく、また、僕自身はたいへんカリエスアクティビティーが低く、虫歯になりにくい体質なのと、充填されているものが、アマルガムで、抗菌性のあることも含めて経過観察をしていたところでした。もし僕の体質が虫歯になりやすい体質であったとするならもっと早期に治療を開始していたと思います。皆さんもご自身の体質を把握してそれにあったメインテナンスをすることをお勧めします、というかそういう考えの基でアドバイスしてくれる歯医者さんを選ぶことをお勧めします。
 今回は久しぶりに歯科治療を受けて、よりいっそう患者さんの気持ちに近づくことが出来たのではないかと思うしだいであります、もし当院で治療中に痛みを感じたときには遠慮無くお知らせ下さいね。
[PR]

by watdent | 2011-05-24 00:05 | お口の健康  

救急蘇生講習会に参加して(AEDをより有効に使うため)

去年より当院にはAEDを設置しています、そのせいと言うわけではありませんが以前より救急蘇生の王道とされている「AHAのプロバイダーコース」というのが気になっていました、インターネットで調べるとAHA→アメリカ心臓病協会(American Heart Association)の基準に準拠した一次救命処置(上位に二次救命もあり)のトレーニングコースで、医療職向けにはBLS一日コースというのがあり、熊本では日赤に本拠を置き、インストラクターは医師、看護師、救急救命士など多彩であること等がわかりました、機会が有れば受けてみたいと思ったものの、誰も一緒に受けてくれそうにないなとも思って先延ばしにしていました、ところが先日口腔外科学会主催でのコースが近場で開催されることになり、この機会にぜひこれを受講してスキルアップを図らねばということになりました。
さて当日朝9時開始、遅刻厳禁とのことです、さわやかなお天気の休日早朝からの研修会はいつもちと気分的に重たいものがあります、事前に届いた資料から30名ほどが受講し、医師、歯科医師、衛生士、教師などこれまた多彩なメンバーである事が解っていました。まあ今日一日講師の話を聞きながらワープロでメモをとりつつ時々昼寝かな〜などと思っていたのですが、会場のホールに足を踏み込むと、その甘やかな考えは一瞬で打ち消されました、机が有りません、、、。そしてたくさんのお人形が並んでいます、どうやら実習主体のハードな一日になりそうです、もともとこのレサシアン(救命救急練習用のお人形)を使ったトレーニングは学生時代を始め何度か体験したことがあり、ひととおりの事は出来るつもりでしたが、今回のトレーニングではこれまで思い描いていたものと大きく異なる新しいものを発見するというよりもおぼろげに理解していたことが輪郭くっきりとエビデンスをつけて理解することが出来たというのが実際の所です。それとここに集まった講師やインストラクター、サポートメンバーはこの一次救命処置の普及に強烈な情熱をもって取り組んでいるというのが大変印象深く思えました。
一日の講習の締めくくりに実技試験があり、各動作の動きとその理由を理解でき大変ためになりました、この実習試験はなかなか難しいものでしたが、その内容は多くの人が一度はやったことがある「患者の意識の確認、救急車とAEDの要請、呼吸の確認、人工呼吸、脈拍の確認、胸骨圧迫による心臓マッサージ」の一連の作業だけです、ちょっと自動車学校の実技試験みたいな雰囲気です、その後最終の筆記試験があり、この成績はアメリカのAHA本部に送られるとのことでした。(もちろん無事クリアすることが出来ました)
講師の先生は人工呼吸用のポケットマスクをいつも携帯していて、年に数回、例えば去年は4回使う機会があったとのことでした(つまり去年一年、プライベートな時間に4回も呼吸停止状態の人と対峙したというわけ)、「え〜そんなに〜?」の声に「注意していれば必要な機会は結構あるもんです」との話でした。
急峻な心停止に対してBLS(一連の心肺蘇生処置)が大変有効なことは証明されているようで、一刻も早い処置がその後の予後を大きく左右するようです、
アメリカでは以前AEDさえ多数設置すれば救命率は上がるだろうとの予測のもとに全国にAEDを多数設置しました、しかしながらその結果はほぼ効果なしとのデータでした、そこで国民に救急蘇生についての啓蒙を行ったところ有意に救命率が上がったとのことです。
先日あるところで読んだお医者様向けのアンケート「飛行機や列車の中でのドクターコールに対して名乗り出ますか?」に対する「名乗り出る」という回答が34%と随分少なかったのに比べるとこのインストラクターの先生たちのモチベーションには頭が下がる思いです、そして僕もそんなモチベーションを持たねばならんと思いました、もし僕自身が飛行機の中で不幸な事態に陥ったとして、ラッキーにもお医者様が同乗していたとしても3名に一人しか助けに来てくれないわけですが、このインストラクターの先生方ならばすぐに飛んできてくれそうです、今回目の前で倒れた人は他人かもしれませんが、次に倒れるのはあなたかもしれません、ぜひ皆さんもこのような講習を受けられることをお勧めします。また、出来れば職場の皆さんやご家族の皆さんも受けていただければあなたご自身の「もしも」にも確実に対応できるかと思います。一般の方向けにはAHA ハートセイバーAEDコース(半日)というのが用意されていますのではじめはこちらの受講をお勧めします、受講ご希望の方はインターネットで「日本ACLS協会」をご覧になるとくわしい説明をご覧になれますし、同様な講習を最寄の消防署でも受けることが出来ますのでぜひ問い合わせてみてください。
Ps、昨日の新聞によると京都大や大阪の救急専門医の調査で、救急蘇生時に心マッサージだけ行った場合と人工呼吸を併用した場合では受傷者の一年後のQOLに変化はなかったそうです、これを受けてADAも調査を進めるそうです(毎年調査してるみたいですけど)。ある意味医療の基礎でありながら同時に医療の最先端ですね。
[PR]

by watdent | 2008-04-06 15:37 | お口の健康  

歯科を受診なさる方へ

少し前から歯科ではビスフォスフォネートに関する話題がよく登場します、ビスフォスフォネートとは骨粗鬆症や、その他の疾患に対して血中のカルシウム濃度を調整するために用いられる薬ですが、この薬を使用中の患者さんに歯科や外科で顎骨に対する観血的処置をした場合に急激で広範な骨破壊を惹起する恐れがあることが分かりました、その機序はいまだにはっきりと解明されていませんが、現段階では可及的に観血処置を避けることが重要であるといわれています。医科の先生方にはこの薬を使っている患者さんに対しては歯科にかかるときには必ずこの薬を使っている旨告知するように指示してくださいとお願いしてあるようですがなかなかご自分で言ってこられる方はいらっしゃらないようです。
このお薬にかかわらず歯科を受信する場合にもその時点でご自身が他の医療機関から処方されている薬や常用している薬については告知できるように準備をしておいてください。
問診するとたびたび「歯科の薬は飲んでいません」という答えが帰ってくることがありますが、「歯科の薬」なんてありません、医科で出される薬も歯科で出される薬も同じものですので、同じ薬剤の重複や一緒に飲まないほうがよい薬などもありますのでくれぐれもご注意ください。
[PR]

by watdent | 2008-03-18 10:22 | お口の健康  

時代と共に

 先日僕たちの勉強会主催の講演会に出席しました、講師は東京表参道辺りでご活躍の審美歯科第一人者の先生でした、この先生の講演は毎年1〜2回聴いていますが、いつも申し分のない綺麗な症例を見せてくれます。我々のようにいろんな事情に治療のオプションを左右される臨床ではなくて、この先生の所に来る患者さんが求めるものは常に最高の結果、もちろん保健治療は一切なしという時間も機材も薬品、材料もベストなものを十分に使うという夢のようなスタイルです。芸能人や有名人の患者さんも多く、症例によっては顔写真を見せる事が出来ないケースも多々有りました。我々のような地方都市でも最近そういう風潮ですが、やはりど真ん中ではもうすでにメタルフリーが主流になりつつあるようです。メタルフリー、つまり金属を全く使わないということで、金属の代わりにセラミックやプラスチックを使うやり方です(インプラントは別にして)。10年ほど前からセラミックの適合性や操作性、強度が良くなってきて、ここ数年十分に臨床に使えるものが出てきました、またプラスチック系の材料も課題であった強度や吸水性の面で改善されつつあります。
最近当院でも「口の中の金属をすべて無くしてほしい」という希望の患者さんがぽつぽつおみえになるようになりました、さすがに金属が多く入っている口の中をすべてセラミックに置き換えると見違えるように綺麗になります、これもアンチエイジングと呼べるんじゃないでしょうか。
そういえば今日放送局から「アルミ箔を噛むと変な味がしたり歯がじーんとしみるのは何故ですか?」という質問が廻ってきました。この原因はアルミ箔だけのせいじゃなくて噛む歯に金属の修復物が施されていてしかもその歯の歯髄(一般には神経と呼ばれてますよね)が健康な状態の場合に、アルミ箔と歯の金属が唾液という電解質の中で電流を発生させることによるもので「ガルバニー電流」と呼ばれています。ですから健康な詰め物のない歯やセラミック、プラスチック等で治療された歯ではこの現象は起きません、ちなみに僕の口の中には亡き父が40年前に詰めてくれた金属が入っていますのでこの話はよくわかります。
時代と共にゆっくりではありますが歯科治療のスタイルも変わりつつあるようです(ただしここにも格差社会の陰が見え隠れするようですが)。
何時の日か僕も最高の結果だけを目指した幸せな臨床の日々が送れる事を夢見て日々研鑽に励むのでありました。
[PR]

by watdent | 2008-02-22 23:30 | お口の健康