初パンク!

8月15日、お昼前から運動のためとかこつけて自転車に乗りました、車が来ないところで効率よくトレーニングをと思い先日患者さんから聞いた「飯田山」に登ってみることにしました。
 「飯田山」もう20年以上前にバイクで登った覚えがありますがよく道が解りません、まあ行けば標識があるだろうと思い出発、見事に方向を間違えて御船のとある農家の庭先に出ました、肥料のロゴの粋なキャップのお爺さんから「道ば間違えたっだろ、どけいくとな、こんあたりゃイノシシのずるけん気をつけなっせ」」と暖かいお言葉を賜り、あらかたの道を習いました(随分遠くですが)。
 気を取り直し御船から益城へ、県営射撃場の近くに目指す登山口はありました、さてここから登ります、登り初めてすぐに登山道、車道の分岐点があり、車道の方へ、懐かしい麓の池は随分小さくなった気がしました、その脇をさらに奥へと登ります、かなり急な坂が繰り返されますが、大きな山ではないのでつづらおれ、すぐに曲がり、勾配も変化します、虫の声と射撃場の銃声の中をどんどん登りますが、顔に小さなムシがまとわりついて何度も手で払います、それでもまたどこからか飛んできます、まあこんなちっちゃなやつなら良いんですが大きな蜂や蛇はイヤですよ、それとこの道ちょっと怖いです、狭くて薄暗くて全く誰も通ってませんし誰にも会いません、しかも頭上はうっそうと木が茂ったトンネルみたいになったところとか、、、続くとなーんか怖いです、お化けが出るならオバキューにしてくれよーと思いながら止まらずに必死で登ります、何とか頂上近くに来たものの下りが続きます、もしやと思い引き返すと山頂のお寺へ案内する道がありました、そこから入り込みなんとか山頂付近の「常楽寺」に到着しました、さーて目指す頂上はもうすぐです、一息ついて登り始めましたが今までとは違いガラガラの砂利道です、ロードレーサーの高圧タイヤにはこのとがった砂利はまずそうです、「これはいかん、早々に引き返そう」と思ってUターンをした途端に「パーン」大きな音がして後輪がパンクしました。
 ロードレーサーの高圧タイヤは軽く、転がり抵抗が少ないような構造になっているがためにとんがったものには弱いらしいんです。そんなわけでサドルの下に取り付ける小さなバッグとエアボンベ、交換用のチューブとツールをネットで注文したところでした、昨夜。そうです、昨夜です。だから未だ手元にはありません、履いている靴はペダルにカチンと取り付けるための突起が着いておりとてもこの靴で歩いて帰るのは無理です。
 救いの綱は携帯です、カミサンに事情を伝えたところ2時間は家を離れられんから昼寝でもしててくれという答え、じゃあ自分でどうにかするよと返事をして弟に電話、たまたま家にいたから良かったです、すぐにランドクルーザーで登ってきてくれました、僕も解りにくい分岐部まで何とか山を下りて行きましたが苦労して登った山をスイーっと降りれなかったのはちょっと残念でした。でもお迎えのおかげで何とか無事帰宅することができました、いやー参った参った。
[PR]

by watdent | 2012-08-23 14:42 | ちゃり  

<< 転倒、つこけた、ぼてくりこけた シュバイネハクセ >>